への近道

への近道的なブログ

アディダスの高級ステテコ

ステテコが外国人にもウケる昨今、アディダスが海外から日本に押し寄せて来るなら、ユニクロだって黙ってはいません。

という事で、皆さんはこんなアディダスの高級ステテコ、どう思っていらっしゃるのか、その魅力も含めて、是非ブログやサイトで調べてみたいものです。ステテコの人気が高まると、今やオヤジのインナーという域を超え、アディダスのような世界を代表するかじゅあるスポーツブランドでも売り出すようになりました。

まあ確かに、元々アディダス辺りのカジュアルラインは、メンズであってもユニセックス的な部分が多いですからね。

そのせいでしょうか、アディダスご自慢のステテコは、なんと1枚5,000円以上もする超高級品。

それこそ生地もしっかりしていて、見た目的にはショートパンツだという気もしないでもありません。

日本のブランドが作るステテコと違って、女性でも気軽に履きこなせるというものなのかも知れませんね。

それに、私個人の感覚では、やっぱいくらアディダスブランドでも、ステテコに樋口さんを出すというのはちょっとって感じ。

でも、やっぱアウェイじゃなくてホームで戦うんだから、そこは是非ともユニクロさんやワコールさんに益々頑張っていただきたいものですよね。

ユニクロやワコール、そしてグンゼなどが次々とアディダスやヘインズに対抗すべく、オリジナルステテコをリリースしているのであります。

普段着どころか、おしゃれ着として街を歩けるのが当たり前らしく、同社もそう断言しています

今人気のおしゃれステテコ

という事で、近頃はそんなカラーバリエーション豊富なおしゃれステテコというのが人気を集めているのであります。

しかし、その一方で、昔ながらの白地ステテコがバンバン売れています。

驚くべき事に、節電が騒がれる昨今、おしゃれにはかなり敏感なはずの草食系男子たちがステテコを密かに履いているのであります。

ステテコがおしゃれかどうかは別として、機能性インナーとしてはかなり優秀でしょう。

でも、マジで、ファッション関連のブログやサイトなどで紹介されているおしゃれステテコというのを見ると、中々いいじゃん!って思いますよね。

そうなると、そんなおしゃれステテコいっちょでウロチョロしている女子も結構いるのかも知れませんよ。

若い男性たちも平気で履けるようになり、バンバン売れているようですが、それでもやっぱ、店頭で購入するのはちょっと恥ずかしいのかなぁ。

まあデートで何もわざわざズボンを脱ぐ必要なんて、本当はないんだろうけど、今はそういう機会が多いから、下着にも気を遣う訳ですよ。

正しくスパッツやレギンス代わりに着用している人も多いようです。

残念ながら、ややカントリーライフを送っている私は、そういう最新のおしゃれ女子を見掛けた事はありませんが、皆さんはいかがですか。

特にこれからの季節、部屋着としては是非愛用してみたいものです。

今大人気のステテコ

事実、今年の父の日の人気プレゼントにも、おしゃれなデザインのステテコがランクインしています。

銀座のど真ん中にもいたりなんかするので、ちょっと驚いちゃいますよ。

だけど、世のお父さんたちは、そんな今人気のデザインステテコを平気で履いて歩けるのでしょうか。

すると今度は、そのイージーさに目を付けた女性陣たちが、ならば私もというような感じでステテコライフをスタート。

ただ、当時はステテコはやっぱり日本男児のインナーだという位置付けがありました。

まあ一昔前までのパンツいっちょよりはましだと思われますよね。

そして、密かに自宅ではステテコいっちょで生活する人が増えたのが人気のきっかけだと言われているのであります。

やっぱ昔ながらの真っ白な晒し地でないと嫌だとかって言う人もいそうですよねぇ。

そうなると、もう人気は急上昇するしかありませんから、どこのメーカーも競って若者ウケするデザインを次々と売り出します。

未だ大人気のスカイツリーのおひざもと、東京そらまちにもそういうお店があって、まあ若い女性が多い事多い事。

また、そんな人気のステテコの履き方やコーデをあれこれ伝授してくれるアドバイザーも登場して来ています。

ただ、どうなんだろう、ワンピースとかキティーちゃんとかという人気のキャラクターがプリントされているのは可愛くていいですよ。

ステテコはやっぱり麻

でも、麻は元々水に強い素材ですから、きちんと洗濯さえしていれば、結構長持ちします。

それこそ、元祖ステテコというやつですが、きっと独特の快適感が味わえるものと思われますね。

麻は元々サラサラした素材で、日本のような湿気の多い国の春から夏に掛けては最もフィットすると言われて来ました。

そう、丈夫で長持ちで涼しい、これが我が国古来の麻ステテコの最大の魅力なのです。

それに、特に最近はカラフルなステテコが多いから、色落ちが心配で他の物と一緒に洗えないのでは面倒です。

そのため、麻よりも流行りのドライメッシュ地などがよく用いられるのでしょう。

それに、見るからにステテコっていう感じの麻や綿の白地というのも、若い人にはウケにくいものと考えられます。

ただし、この麻、案外洗濯しにくいのが玉に瑕で、思いの他容易に色落ちしたり、毛羽だったりするのであります。

麻のステテコの良さはアパレル関連のブログやサイトにもあれこれ紹介されているので、一度じっくり読んでみられるといいでしょう。

ステテコだけではなく、特に着物の下に着用する下着類は、肌触りのいい麻が好ましいとされています。

けれど、せっかくですから、この機会に、100パーセント天然素材の麻ステテコを是非お試しあれ。

若い人には、そうした生地が人気のようですが、麻も是非一度お試しあれですよ

ステテコ女子

だって、オヤジだって流石にパンツの上に履いている訳だから、女子なら、そんなの当たり前だっちゅうの。

でも、まあ気になる人や興味のある人は、そんなステテコ女子の実態について、ファッション関連のブログやサイトで調べてみられると面白いかも知れませんね。

という事で、ステテコ女子は、今最もトレンディーなのであります。

逆に、長年ステテコを愛用して来たオヤジ様方は、少々、いや、かなり近寄りがたいものがあるでしょう。

でも、今はそれをボーンと正面に出した方が、女子が集まり、商売繁盛するようですね。

それこそ、人気キャラクターをデザインしたものや眩しい原色系など、女子が喜びそうなアイテムがズラリ。

結局は今まで通り、商店街の専門店や量販店で買う事になっちゃいそうですね。

それについては、勿論人それぞれだし、暑い真夏には、直履きしている女子もいるにはいると思いますよ。

でも、基本、ステテコはホットパンツの替わりなので、一枚履きという事はないと考えるべきでしょう。

女子が平気でボトムスとして履いて歩けるイージーパンツの位置付けを確保したのです。

なんと、東京スカイツリーのお膝元、東京そらまちにもステテコ専門店が入っていて、連日若い女性で賑わっているようです

ステテコのはき方

何せ、オヤジですらも、昔は直履きが主流でしたが、今はパンツの上に履く人が圧倒的多数だそうですからね。

因みに、ワンマイルウェアというのは、1マイルの距離、即ち、自宅の近所を歩き回る時に着用する衣類という意味。

という事で、皆さんもそんなステテコブームに乗り遅れないように、一日も早く自分なりのはき方と位置付けを定められる事をお勧めします。

事実、ステテコは立派なアウターだと謳っている大手スポーツメーカーでは、ショーツやパンツの上に履くのが当然のはき方だと断言しています。

やはり下着をきちんと着けた上でステテコを着用するというのが正しいはき方なんだろうと思われます。

でも、正真正銘のステテコの使用法、即ち、ズボン下インナーとしてのはき方であれば、是非直履きをお勧めしたいとの事です。

それに、1マイルはキロ換算にすると、1.6キロを超えますから、徒歩で有に15分〜20分は掛かる距離ですよ。

まあコンビニに買い物に行く時なんかにもOKという事なんでしょうけど、皆さんはステテコ姿でコンビニにおにぎりやアイスを買いに来ている人を頻繁に見掛けますか。

それでも、ファッション関連のブログやサイトを読んでいると、今年の夏はステテコが思い切りブームを呼びそうな予感ですよね。

最も多いのがルームパンツとしてのはき方で、ついでワンマイルウェア

ステテコのドライ感

ステテコは元々吸水性と速乾性に優れているのが大きな特徴で、謂わば日本のドライインナーの先駆けと言えるのかも知れません。

ただ、それは生活の知恵から生まれたもので、決してファッションアイテムとして考え出されたものではないんですよね。

そして、そんなユニクロのステテコラインの最大の特徴は、ドライ機能を兼ね備えている事と豊富なカラーバリエーションでしょう。

結果、ユニクロではそんな自慢のドライインナーであるステテコのレディースラインというのを今年からリリースしたんですよね。

今年は皆さんもファッション関連のブログやサイトでそんなおしゃれなステテコを見付け、日本古来のドライ感を大いに味わってみましょう。

確かに、元々裾が幅広で、肌に貼り付きにくいですからね、夏には最適なインナーだと言えるでしょう。

因みに、ユニクロにはもう一つ、ドライステテコスタンダードというラインがあって、こちらは1枚990円。

しかし、どうしてもオヤジの下着というイメージが強く、しばしの間廃れ掛けていました。

速乾性や吸水性だけでなく、肌触りも抜群の高級ステテコという訳ですね。

やっぱ従来のステテコよりはエクスペンシブなので、世の中高年サラリーマン族には、中々体験させてもらえないドライ感かも知れませんね。