への近道

への近道的なブログ

プラダのビジューバッグ

そのビジュートートだって、セレブマダムが持っても全然違和感のなさそうなデザインでしたよ。

故に、あのプラダのビジュートートはより一層使い勝手が良さそうで、欲しい〜って思ったんです。ビジューなんて取り立てて騒ぐデザインじゃないじゃないってずっと思っていました。

ただ、よくよく見ると、やっぱり細かい部分が全然プラダじゃなくて雑だったし、もどきとはこういう事かぁって痛感させられましたね。

そのプラダのビジュートートバッグは物の見事に私のものにはなりませんでした。

まあ最近はプラダやフェラガモなどでも重視している事は知っていますよ。

ビジューという言葉をプラダのようなトップブランドでも重視するようになったのは、ある意味、日本向けの戦略かも知れないと個人的には考えてしまいます。

因みに、類似の財布もだされていたんだけど、こっちの方は入札者0、私もまったくもって関心が高まらなかったので、見向きもしませんでした。

実際、国内では類似のバッグやサンダルがバンバン出回ってますものね。

なので、皆さんもプラダもどきのビジューバッグやサンダルには十分気を付けて下さい。

多分それが本物のプラダかどうかっていうのは、特にネットショッピングではすっごく見分けにくいと想います。

これまであった装飾を施した靴やバッグにビジューという商品名やアピールコメントを添えていますからね

ビジューピアスのなぞ

「えっ、そんなの当たり前じゃん」と思うかも知れないけど、パリの街角じゃ、こんなの当たり前じゃなかったりなんかしちゃうんです。

というのも、ビジューというのはフランス語で宝石という意味だから、クリスタルじゃ本当はNGなんですよね。

なんでも、ビジューピアスで耳つぼを刺激して、美と健康をゲットするんだとか・・・。

確かに耳つぼマッサージで痩せられるという話はよく聞きますが、ピアスで耳つぼを刺激する事なんて出来んのかなぁ。

ビジューピアスは不思議なパワーピアスだなんていう噂がある事を皆さんはご存じですか。

後、イチゴやブドウなどのキラキラフルーツピアスも可愛いなぁっと想います。

まあただのシールピアスよりはビジューを施しておいた方がおしゃれで、興味をそそるのは間違いないでしょう。

とは言え、ここは日本、例えガラス玉のピアスであっても、堂々とビジューピアスだと言い張れるので、それが面白いところだと想う訳ですよ。

因みに、こうしたデザインをビジュースイーツと呼び、サンダルやバッグに貼り付けている人も多いんですよね。

なので、もし気になる人がいたら、ビジューピアスと耳つぼをキーワードに一度調べてみて下さい。

中でもダントツで支持されているのがスイーツデザインで、ビーズやパールストーンを上手に使ったショートケーキやソフトクリームのピアスを何度か私も見た事があります

人気のビジューバッグ

ビジューというのはフランス語で宝石の事な訳だから、ビーズやスパンコールをあしらったバッグは是対含んじゃいけないって思ってたんですけどねぇ。

それに、ただ単にビーズやスパンコールをあしらうのとビジューとして装飾するのとは少し違うようです。

ビジューバッグは沢山市販されていますが、今やパーツを買って自分で作るのが一つのトレンド。

なので、それを買って来て、手持ちのバッグに手芸乗りで貼り付ければ、たちまちトレンド最前線アイテムの出来上がりですね。

まあ私はそういう細かい作業は苦手だし、元々ビジューバッグ自体にいろいろな見解を巡らせている人ですからね。

後はそこにビーズやスパンコールで作ったオリジナルのビジューを貼り付けて完成です。

まあトートバッグから作るとなると結構大変だから、それは100円ショップででも買ってくればOK。

また、手作りビジュー初心者の登竜門として、バッグとサンダルがよく上げられています。

今は積極的にビジューバッグの情報を関連のブログやサイトから集めて結構楽しんでいます。

100パーセント市販のビジューバッグも素敵ですが、こうしたちょこっとだけ手作りのバッグも素敵。

こうした細かなパーツをひとかたまりにして、ある程度の大きさの部位として貼り付けて初めてビジューバッグとなるようですね。

そうなると、やはり私も認めざるを得ないのかなぁっと思い始めてはいます

手作りビジュー雑貨とパーツ

特に、少々大きめにカットされた水晶やガラスなら、比較的不器用な人でも容易に装飾出来るパーツだろうと思いますよ。

それに、かなり大きめのビジューパーツでインパクトを与えるというのも一つの手です。

けれど、そのパーツの大半はラインストーンやビーズ、それにラメやスパンコールで、流石にダイヤモンドの欠片とかゴールドの切れ端というのはないみたいですね。

という事で、皆さんはそんな今人気のビジューアクセサリーや服飾雑貨、こうしたパーツを買って作ったりとかしていますか。

自由自在にアレンジ出来るのが大きな魅力ではありますが、細かい作業となり、至芸や工作初心者で且つ、ちょっと不器用系の人にはいささか厄介なパーツでしょう。

確かにビーズやスパンコールのような細かいパーツを使ったビジューアクセサリーや服飾雑貨は、デザインの幅も広がります。

つまり、そのパーツがそこら辺でバンバン売られているはずがないのですが・・・。

ビジューパーツの情報は、ファッション関連は勿論、クラフト関連のブログやサイトにも沢山載っていますよ。

ビジューの中でも、非常に使い道が豊富で扱いやすいパーツがラインストーン。

ビジューパーツは、インターネット上の手芸専門店で探されるのが一番種類も豊富でお値段的にも利口でしょう。

まあもっとも、そんな身近で若い女性たちが好む趣味嗜好だからこそ、今のようなブームを巻き起こしたのでしょう。

それと、携帯電話のパーツを扱っているショップ、ここが中々の穴場です

ビジューネックレス

ラインストーンやビースもアクセントとしては使われているようですが、どこまで行っても日陰の身です。

後、日本ではサンダルやバッグなどにもよく私用されていますね。

今では、とにかく装飾を施したネックレスなら、大体はビジューネックレスに含まれるようですね。

だから、ラインストーンのような模造宝石でも全然OKだし、ビーズやスパンコールのような装身具でもいいみたい。

とにもかくにも、今やビジューネックレスは若い女性の必需品とも言えるようですよ。

ビジューネックレスの掲載されていない号はないと言っても過言ではない位です。

その代わりに、色合いをやや地味系に抑えているのがセレブ御用達のビジューネックレスの特徴と言えるでしょう。

まあもっとも、パリの下町のバーに行けば、ビジューというカクテルを味わう事が出来るのも確か。

世界のセレブや国内のトップモデルたちが愛用するネックレスを次から次へと紹介してくれていますよ。

ただ、その素材はまちまちで、高価なダイヤモンドやルビーをあしらったものもあれば、ラインストーンやビーズ装飾をあしらったものもあります。

ビーズを宝石として扱うのはちょっとおかしいのはおかしいのですが、そこが日本のファッション感覚とでも言うのでしょうか

ジェルで作るビジューネイル

まあビジューというフランス語にどこまで拘りを持つかっていう事がポイントであって、これはネイルだけに限った事ではありません。

もしかしたら、ビジューネイルは分かるけど、ジェルネイルとスカルプチュアの違いは分からないなんていう人も少なくないかも知れませんね。

だから、ジェルネイルとスカルプチュアの違いが分からなくても全然問題ないって思うんですよ。

まあどれもこれも同じ仲間な訳で、スカルプチュアに含まれると考えておけばいいんじゃないかっていうのが私の見解。

ただ、ラメやスパンコールの入った光るジェルで作ったネイルをビジューネイルというのが今の当たり前なら、私にそれをとやかく言う権利はないから、ここは妥協だな。ビジューネイルが今人気だとかって言われても、おばさんにはねぇ、てんで分かりません。

というのも、スカルプチュアというのはジェルなどのアクリル樹脂でつけ爪を作るもの。

ただ、ビジューというのは本来宝石や貴金属などを使って装飾する事ですから、ジェルではやっぱ該当しないでしょう。

せめてラメやビーズでデコレーションしていただかないとって思うのは、それこそネイル音痴の独創的な発想でしょうか。

何せ、やっと最近スカルプチュアとジェルネイルの違いが分かったような人ですからね

ビジューとは

なので、現地では混同しないようにちょっと気を付けた方がいいかも知れませんね。

因みに、ビーズやスパンコール装飾というのは正式には含まないそうなのですが・・・。

とにもかくにも、ビジューのサンダルとか、バッグとかと言うのはそのためである事だけは確かでしょう。

ビジューは貴金属や宝石を使ったアクセサリーの事ですから、ネックレスやブレスレット、あるいは指輪やイヤリングなどはその代表格という事になるでしょう。

そう、ビジューとは、フランス語で貴金属や宝石を使った装身具の事を言うんです。

という事で、そんな今人気のビジュー、飲むもよし、付けるもよし、おしゃれ関連のブログやサイトでいろいろ調べて、いろいろ楽しんでみませんか。

これまた何故かの世界で、こうした素材による装飾を施したものもビジューアイテムとしてネット市場などではよく出ていますね。

また、ビーズやスパンコールをbijou手芸素材として販売しているショップも時より見かけます。

勿論今でも、フランスではビジューと言えば、実にポピュラーなドリンクでもあります。

そういう意味では、日本ではビジューの範囲と用途はかなり広いものと思われますね。

しかし、日本ではこうした装飾品はアクセサリーや服飾雑貨として親しまれています