への近道

への近道的なブログ

スプリングコートとは

私、トレンチコートがスプリングコートだと思っていたのですが、実際には少し違うようです。

春先に着るスプリングコートであれば、やはりパステルカラーのコートなんかがお勧めです。

ショップなどで色合いの綺麗なスプリングコートが並び始めると、春が来たんだなあって思います。

また、ショートコートやダスターコートなどもスプリングコートでよく見かけます。

ブログやサイトなどで調べてみると、トレンチコートというのは元々ヨーロッパで軍服の汚れを防ぐために着られていたコートのことを指すようです。

スプリングコートのトレンチコートの特徴は、肩にあるボタン留めのショルダーストラップやウェスト位置のベルトです。

現在のトレンチコートスタイルのスプリングコートでも、飾りとして付けられていることが多いようです。

分厚いコートを着るにはもう少し暑いけど、コート無しでは朝晩などにまだ冷え込むという時期の通勤時などにスプリングコートはぴったりです。

また、スプリングコートの丈も膝丈ぐらいであまり長すぎないほうが重たくならずに色々な着こなしにも便利です。スプリングコートとは、冬用の防寒対策のコートと違い、春先や秋口に着るコートのことを言います。

不潔じゃない古着

要するに古着のお店は個人でやっている所が多く、フレンドリーなお客さんが多いのが特徴です。

古着を買う場合、簡単に誰でもオシャレに見えるアイテムというのは、慣れていないと見つけにくいかもしれません。

それでも古着が好きな人は、やはり、その値段の安さに魅力があり、ハードなオシャレを楽しめるからです。

今でも、沢山の古着専門店があるのは、人気がある証拠です、不潔などのイメージを一掃する魅力があるのです。

しかし、普通一般に考えると、古着が不潔というのは避けられず、実際、ポケットに砂が入っていることもあります。古着というのは、着古したものということになるので、どうしても不潔というイメージは拭えません。

最近では、390円ショップという古着のお店が人気で、全品390円で購入することができます。

一人の世界で買い物ができるのが、古着のお店の良いところで、気軽に足を運ぶことができます。

しかし、一方で、古着はしっかり洗ってあるので、不潔ではないと言う人もいて、人によって色々です。

基本的には古着はやや不潔という人の方が多く、どっちにしても、潔癖症の人はつらいものです。

ヴィンテージの古着

ヴィンテージものの古着というのは、ただ古いだけでなく、気品を持ったものを指し、1つのファッションアイテムになっています。

古着というのは、非常に哀愁があって魅力が高いので、ヴィンテージものを愛する人はたくさんいます。

その分、 値段はどうしても高くなるわけですが、ヴィンテージものの古着は、値段以上に価値あるものなのです。

最近の服はすべてが規格品のために個性が感じられませんが、ヴィンテージものの古着は、まさに個性の塊と言ってもいいでしょう。

ただ、ヴィンテージものの古着は着こなしが難しく、素人が全身をコーディネートするのは至難の業です。

まさに、これはマニアにしかわからない感覚ですが、ヴィンテージものの古着のコレクターはたくさんいます。

フリーマーケットでは、ヴィンテージものの古着がたまに安く手に入ることがあるので、見逃せません。

ボタンかがり一つ取っても、ヴィンテージものの古着には、手作業ならではの丁寧さが実感できます。

その時の流行やトレンドに関係なく、価値があるのが、ヴィンテージものの古着の魅力なのです。

運命的な出会いをもたらしてくれるのがヴィンテージものの古着の醍醐味で、マニアにとってはたまらないものです。

古着買取りサービス

そうした古着の買取りの会社を利用すれば、他の会社の見積りと比較することができるので、便利です。

まず、古着の買取りの流れですが、最初はネットで申込みをして、その後商品を送付することになります。

そして、古着の査定が行われるのですが、買取りで金額に納得がいった場合は、すぐに振り込んでくれます。

他にも、ネットでの見積もりではなく、古着の買取りには、商品を先に送って実際に目で確認した後で見積りを出してくれるところもあります。

まず、古着の買取りで、値を上げるには、できるだけ綺麗な状態で売ることを忘れてはいけません。

例えば、付け替え用として付いているボタンや替え布などをセットで出すと、古着の買取り店は、値段がつけやすくなります。

そうした人は、古着の買取りを利用するとよく、買い取りサービスを利用すれば、便利に処分することができます。

古着の買取りを利用する場合、売るアイテムはしっかり洗濯して綺麗な状態にしておくことが大切です。

古着の買取りで効率良く引き取ってもらうには、付属品もセットにするということも大事です。

いわゆる無料宅配キットで、古着の買取りをしてくれるので、依頼する側は一切、お金がかかりません。

古着の処分方法

宅配買い取りサイトに、古着の買取を電話で申し込むと、すぐに自宅に段ボールが送られてきます。

たまってしまった古着の処分の方法ですが、困っている人は、オークションで売るのも1つの手です。

少しでもお得に古着を処分したいなら、ちょっとしたお小遣いになる、宅配買い取りサービスを利用すればいいでしょう。

ノーブランドでも状態の良い古着なら、オークションに出品すれば、意外と高値がつくこともあります。

また、売却できないくらい状態の悪い古着については、綿素材のカットソーなどは小さく切って台所や掃除用のタオルとして処分するといいでしょう。古着というのは、買えば買うほどどんどん溜まり、タンスやクローゼットにいつの間にか膨れ上がり、処分に困ります。

タンスの肥やしになっていた古着を処分すると、思っていた以上の値段がつくことがあるので、試してみるべきです。

ゴミとして古着を処分するのは気が引ける人は、買い取りサービスで再利用してもらうのが一番です。

ごみとして古着を処分するというのは、ちょっともったいない感じもしますが、一番手っ取り早い処分の方法です。

まず、古着の処分をする時は、事前にその状態や素材によって仕分けをしておくと便利です

古着ユニクロについて

古着の処分はユニクロでも対応しているので、家で使うことのなくなったものは、お店に持っていくといいでしょう。

ユニクロの商品は安いので、まとめ買いをすることも多く、どうしても家に古着が溜まりがちです。

数年前までのユニクロの服はダサいものが多いので、古着として、お店に持っていって処分する方が賢いかもしれません。

安さにつられてユニクロの服はよく買ったりしますが、数回しか着ていないような古着はたくさん家に眠っていたりします。

古着をユニクロのお店持っていくと、引き取りは実に簡単で、すぐに引き取られてそれで終わりなので、実にあっけないです。

古着の引き取りはユニクロでもやっているので、着古したユニクロ商品は、お店に持っていくのが一番です。

ユニクロのお店に古着を持って行くと、UNIQLO RYCYCLEと書かれたTシャツを着たスタッフが笑顔で対応してくれます。

そして、古着はフリースからTシャツまで何でもよく、ユニクロの自社商品であれば、どんなものでもOKです。

とりあえず洗濯をして持っていけば、ユニクロで販売していた服は、古着として全て引きとってもらえるので、とても便利です。

捨てればいいのですが、それではやはりもったいないので、そうした時は、ユニクロの古着引き取りが便利です。

古着をブックオフで売ったり買ったり

新品同様の15000円の古着のパンプスでも、やはり、ブックオフでは1000円くらいにしかなりません。

また、ブックオフで古着を売る時は、身分証が必要で、身分証明書さえあれば基本的にはOKです。

福袋に入っていた定価19800円の古着のコートを新品のまま持っていっても、ブックオフではせいぜい2000円です。

2011年3月末までには、さらに古着店を含めたブックオフ店舗を追加展開する計画を立てています。

大体、ブックオフに限らず、古着をお店に持って行くと、かなりの人気のブランド品以外はたいした額になりません。

中古本だけでなく、ブックオフでは、古着なども販売を開始していて、今、若者から注目を浴びています。

そして、ブックオフに、自分が売った古着を翌日見にいくと、3倍の値段で売られています。

ブックオフでできるだけ古着を高く売るには、夏物は夏に、冬物は冬にもっていくことを忘れてはいけません。

ブックオフに古着を売りに行くときは、福袋に入っていたものは、できるだけ値札をつけてもっていくことです。

運転免許証、保険証、パスポートのいずれかであればよいのですが、ブックオフに古着を持って行く時は、クレジットカードではダメです。